読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たちかわさんのつれづれ日記

北海道十勝で生まれ育ち、幼稚園教諭➔お母さん➔子育て支援に従事と、大人になってからの四半世紀、ずっと子どもに関わり続けてきたワタシ。最近は”サスティナブル(持続可能な)”、”ダイバーシティ(多様性)”なんて横文字を良く耳にするけれどそれらの言葉は私達の日々の暮らしにどう関わっているのだろう。目先の事と将来の事、遠近両用シニアグラスの様な視点で日々の暮らしの中で気づいた事をツラツラとつづって行きますのでお時間のある方はどうぞお立ち寄り下さいませ。

息子の旅じたくをしました

こんにちは〜。
今日は長男の旅立ちの仕度のための買い物へ行ってきました。四月から彼はアパートを借りて一人暮らしを始めます。
大きな物はおおよそ目処が付いていたのでテキパキと選べましたが、じゃあ次は台所まわりへ、となった時は少し時間が掛かりました。
先ずは四月からの新しい生活を想像しなくてはなりません。
自分で作れるメニューを思い起こしながら『あの料理の時にはこんなお皿がいるかな?鍋ごと食べればいいかな?じゃあ土鍋がいる⁇』となかなか面白い発想をしていましたが、私の助言もあり無難なピックアップで収まりホッ!です。
f:id:miho-tachikawa:20150314231904j:plain

店内には他にも春からの新生活の為に買い物に来ている親子連れが沢山いて、カートの中には我が家同様沢山の品物が入っていました。

新しい住所へ発送してもらうように手続きの順番を待っている間、ちょっと他の方のカートを覗かせてもらうと、うちの子は選ばなかった急須があったり、フライパンも大きいのと小さいのを二つ選んでいる方もいたりと各家庭の背景が見え隠れしていてなかなか微笑ましいものでした。

息子には、進路が決まってからは少しずつ家事を手伝わせ色々教えてきたつもりですが心配のタネは尽きません。(時々予想もつかないことをしてくれていましたので笑)

ですが、いよいよ繋いでいた手を離す時がやって来るのだと思うと今は寂しい気持ちよりも晴れやかな気持ちの方が先に立ち、息子の旅立ちの日を待ち遠しく感じます。