読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たちかわさんのつれづれ日記

北海道十勝で生まれ育ち、幼稚園教諭➔お母さん➔子育て支援に従事と、大人になってからの四半世紀、ずっと子どもに関わり続けてきたワタシ。最近は”サスティナブル(持続可能な)”、”ダイバーシティ(多様性)”なんて横文字を良く耳にするけれどそれらの言葉は私達の日々の暮らしにどう関わっているのだろう。目先の事と将来の事、遠近両用シニアグラスの様な視点で日々の暮らしの中で気づいた事をツラツラとつづって行きますのでお時間のある方はどうぞお立ち寄り下さいませ。

スキースクール最終日でした

こんにちは~。

今日は次男のスキースクール最終日でした。

いつもは夫に任せきりですが例年最終日には子どもたちのデモンストレーションがあるので私もスキー場へ行ってきました。

f:id:miho-tachikawa:20150315230009j:plain

幼稚園児の頃から毎年通い続けて6年目です。毎冬、再会できるスクールの先生たちは子ども達の良いところを些細なことでも沢山褒めてくださるので我が家の子ども達は全員がスキーを楽しめるようになりました。

家庭や学校以外にも地域で活躍できる場があるというのは子どもにとっても親にとっても何だかいいものですね。

午前中時間があったので夫に誘われスノーシュー(西洋かんじき??)を履いてスキー場の頂上を目指すことにしましたが毎週付近を歩き回っている夫と違い、私は日ごろの運動不足がたたり時間切れ。途中で引き返してしまいました。

f:id:miho-tachikawa:20150315235019j:plain

f:id:miho-tachikawa:20150315235531j:plain

三月も半ば過ぎ。日中はプラスの気温とあって歩き始めてすぐ汗ばみはじめ、ジャケットを一枚脱ぐほど良いお天気でした。

もう少し体力があれば頂上からの景色を堪能できたのに…と残念。

芽室町の新嵐山スキー場からの展望は「十勝を象徴する眺め」として紹介されることが度々あるほどで、冬期間以外は車で頂上まで上がっていくこともできます。

スキーシーズンにはリフトを使いスキーやスノーボードで上がるか、歩くスキーで行くことしか思いつかなかったのですが、スノーシューでゆっくりトレッキングをするというのも、冬の自然を満喫できる方法の一つかな~と息をぜいぜいしながら考えていました(笑)。

f:id:miho-tachikawa:20150315235309j:plain

みんなシーズン最後まで頑張りました!

もうすぐ春ですね~。