読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たちかわさんのつれづれ日記

北海道十勝で生まれ育ち、幼稚園教諭➔お母さん➔子育て支援に従事と、大人になってからの四半世紀、ずっと子どもに関わり続けてきたワタシ。最近は”サスティナブル(持続可能な)”、”ダイバーシティ(多様性)”なんて横文字を良く耳にするけれどそれらの言葉は私達の日々の暮らしにどう関わっているのだろう。目先の事と将来の事、遠近両用シニアグラスの様な視点で日々の暮らしの中で気づいた事をツラツラとつづって行きますのでお時間のある方はどうぞお立ち寄り下さいませ。

魔法の手

こんにちは〜。
今日の芽室は日が射して気持ちの良い日でした。
例年なら今時期に降った雪は日中の陽射しであっという間に溶けていくはずですが今回の雪はなかなかしぶといですね〜。町の中あちらこちらで除雪車のバケットの形のままそびえ立つ峰々(?)を見ることが出来ます。

今日は町内を走るコミュニティーバスの停留所近くに住む方とお話をする機会がありました。
この方はバス停の除雪を依頼されているそうですが、この冬で新しいスノーダンプがボロボロになってしまったと仰っていました。
また、芽室は西風が強く吹く場所が多いのでバス停もただ置いただけでは直ぐに倒れてしまうそう。
なので穴を掘って土台を土に埋めて固定もして下さったとか。
まるで魔法の手のように、こうした住民の方々の協力で町の仕事をまかなえている事が沢山あることを改めて知る事が出来ました。
f:id:miho-tachikawa:20150312233038j:plain
(この場所に積もる雪を道路の向こうまで押していかれるのでスノーダンプの底に穴があいてしまったそうです。)

さてさて話は変わり、最近思わぬところで思わぬ人と出会うと言うことが沢山あるのですが、恐らく今日の出会いは生涯ベストスリーに入るのでは。

娘の高校時代のクラスメイトのお母さんと今日はお昼ご飯を一緒に頂いていたのですが色々話をしているうちにナント‼︎
実はその方のご主人が私の母と従兄弟だった事が判明。
そう言えば母の旧姓と同じお名前でしたが、まさかまさかの展開に二人でビックリするやら大笑いするやら。
余りにも興奮してしまったので今夜は夜泣きしそうです(笑)