たちかわさんのつれづれ日記

北海道十勝で生まれ育ち、幼稚園教諭➔お母さん➔子育て支援に従事と、大人になってからの四半世紀、ずっと子どもに関わり続けてきたワタシ。最近は”サスティナブル(持続可能な)”、”ダイバーシティ(多様性)”なんて横文字を良く耳にするけれどそれらの言葉は私達の日々の暮らしにどう関わっているのだろう。目先の事と将来の事、遠近両用シニアグラスの様な視点で日々の暮らしの中で気づいた事をツラツラとつづって行きますのでお時間のある方はどうぞお立ち寄り下さいませ。

先進事務調査

こんにちは。

昨日から総務経済常任委員会先進事務調査のため道北にきています。

初日にお世話になったのは天塩町さん。

f:id:miho-tachikawa:20180712033443j:image

 

f:id:miho-tachikawa:20180712033508j:image

 

f:id:miho-tachikawa:20180712033538j:image


地域の公共交通手段を確保するために、乗り合わせ(ライドシェア・コストシェア)に取り組まれています。

天塩町さんでは、既存の公共交通機関や民間のタクシーやバス会社と競合しないような方法を取られていて、対象区間天塩町内から稚内市内までの1ルートのみ。
稚内市内まで出かける方の車に同乗させていただくという取り組みです。

基本ネット予約で利用者とドライバーをマッチングするシステムなところを、ネットを使えない方も利用できるように、担当課が電話によるアナログ対応で高齢者の相談に乗りながら乗り合わせの手配をなさっているそうです。

お話を伺う中でとても印象深かったのが【地域の中にある活用されていない資源を活用する】という理念でした。

2040年には地方自治体がどれくらい縮小しているか?その課題解決には各自治体は何をすべきか?という総務省の研究報告が最近出されました。

http://www.soumu.go.jp/main_content/000562106.pdf

縮小することが免れない将来を見越し、わが町のありたい姿の為に何をすべきか?を実践された天塩町さんの取り組みには国も注目しているそうですよ。
私たちも今日の調査を糧に、よりよい政策を考えていけるよう競争していけたらと考えます。

http://www.mlit.go.jp/sogoseisaku/soukou/soukou-magazine/1806teshio.pdf

天塩町 シェアリングエコノミー】で検索すると沢山レポートが出てきますので、よかったら目を通してみてくださいね(^^)

今日は方法が少し違うけど同じくライドシェアを実践されている中頓別町を訪ねます。

昨日天塩町議会の皆さんが「せっかく遠くまで来てくださったので」と、事務調査が終わったあとに私たちとの意見交換の場を設けてくださいました。

私たちの議会が取り組んできたことや、天塩町議会さんの取り組みのお話について意見を交わし、とても有意義な時間をいただくことができました!感謝です❗️

おまけ。

f:id:miho-tachikawa:20180712033625j:image

宿に到着後、その日のうちに全員で調査内容のふりかえりを行いました。

一人一人が調査を通じて得た気づきやこれから私たちの町に取り入れりとしたらどんな課題があるだろうか?などなど、頭の中が熱いうちに意見の発散です(^^)。

 

町内農作物生育状況調査に同行しました

こんにちは。

今日は芽室町農業再生協議会主催の農作物生育状況調査に同行させていただきました。

f:id:miho-tachikawa:20180706234750j:image

本日の調査項目は3点。

・コンバインでの収穫が効率よくできるように品種改良された小豆の試験圃場

・JAめむろさんの野菜選果場の見学

・枝豆につく害虫を駆除するためのフェロモントラップの見学

昨年から所管の委員会に所属しているため、こうして町内農業関係者の皆さんとの作況調査に同行させていただいてます。

f:id:miho-tachikawa:20180706234811j:image

恥ずかしながら農業に関してはまだまだ知らないことの方が多いのですが、研究機関や民間企業の方とご一緒することができることは、楽しみでもあり私にとっては有意義な学びの機会でもあります。

小豆の圃場では、地面から少し脚の長い品種にすることで機械で刈り取る際のロスを減らすことができるそう。

ん?でも、肝心のお味の方はどうなん?

小さな声で呟いていたら、研究機関の方が【遺伝子はいま食べられている品種とほぼ変わらないので大丈夫ですよ笑】と教えてくださいました。

f:id:miho-tachikawa:20180706234854j:image
f:id:miho-tachikawa:20180706234846j:image
f:id:miho-tachikawa:20180706234850j:image

ちなみにこの小豆の圃場はGPSを活用した自動操舵による撒き付けをしたそうで、収穫の際にも同じ軌跡を辿って自動で刈り取りができるそうです。ICT農業がどんどん導入されています。

JAさんの施設ではあいにくの長雨で今は野菜の収穫がストップ状態とのことで、大根を洗浄、選別、箱詰めという一連のラインが稼働している様子は拝見できませんでした。

f:id:miho-tachikawa:20180706234958j:image
f:id:miho-tachikawa:20180706235006j:image
f:id:miho-tachikawa:20180706235002j:image

f:id:miho-tachikawa:20180706235043j:image
f:id:miho-tachikawa:20180706235039j:image

遠くは九州まで出荷される野菜の鮮度を保つために、真空予冷の後に予冷保管庫で一晩しっかり芯まで冷却。それによって品質の高い野菜を出荷することが可能になっているお話も伺えました。
また世界に誇る長芋の保管庫も圧巻でした。

f:id:miho-tachikawa:20180706235131j:image

最後の圃場は枝豆の害虫駆除のために出来るだけ農薬の散布を控える方法として、害虫が好むフェロモンを畑の中に設置し、そこに害虫をおびき寄せている様子を拝見しました。

f:id:miho-tachikawa:20180706235212j:image
f:id:miho-tachikawa:20180706235207j:image
f:id:miho-tachikawa:20180706235218j:image

【フェロモントラップ】に、男性陣の中には苦笑いしている方もいましましたが(笑)、こうした工夫を凝らすことで作物の付加価値を高めることが可能になるそうですよ。

七月に入ってから今日までの五日間に、七月の平均降水量1ヶ月分と同じだけの雨が降ったそう。

今のところ目立った影響はないとのことですが、この後の雨の状況では生育に大きな影響がでかねません。

日本中が大雨の被害に見舞われていますが、私たちの町の作物のためにも1日も早い天候の回復を祈らずにはいられません。

研修会終了です。

こんにちはー。

2日間の研修日程を終え夕方帰町しました。
朝のうち降っていた雨は昼頃に上がった札幌ですが、十勝はまだまだ雨が続くようですね。
途中の山の中の小さな河川では河岸ギリギリのところまで増水し濁流となっていました。

天気の回復を祈るばかりです。
これから研修レポートをいくつか書かなくてはならない我々ですが、今日はいったん一息ついて、また明日から頑張ります。

今日の研修会場は北大。

f:id:miho-tachikawa:20180704202328j:image

雨が上がった後のキャンパスは緑が美しく、こんな環境で学べる学生たちは幸せだろうなぁと、同僚としみじみ(笑)。

f:id:miho-tachikawa:20180704202428j:image

キャンパス内には学食の他にもレストランや新しいカフェもあって、近所に住んでいたら毎日100万歩くらい歩いちゃうのになぁと、日頃歩かない自分の言い訳がアレコレ浮かんできます。(そんな話し、昨日聴いたような…笑)

f:id:miho-tachikawa:20180704202453j:image

【大志を抱いて】

少年だけではなく壮年も励まされる言葉です。

北海道町村議会議員研修会に参加しました

こんにちはー。

今日から明日にかけては札幌にて研修です。道内の町村議会議員対象の研修会が年に一度開催されます。私は今年で4回目の参加、任期中最後の研修会です。

f:id:miho-tachikawa:20180703224830j:image

悪天候のため、急遽参加を取りやめた自治体もいらしたくらいなお天気コンディションの中でしたが、90分2本勝負に立ち向かってきました。

今日の書き修行(グラフィックレコーディング)は4ページ半でした。

f:id:miho-tachikawa:20180703224947j:image

一講目は歴史学のお話。
【立ち止まって物事を考えてみる】、【現代の課題解決のヒントは歴史にある】、【未来は過去と現在をつなぐ線上にあるのだからいま頑張らないダメな子が将来飛躍できるわけがない】などなど、ときおりユーモアを交えながらのお話でした。

二講目は毎年恒例の政局を読む内容のお話です。
安倍政権は続投できるのか?
憲法改正を発議するのか?
いやいや、選挙があるぞ、タイミングが悪いぞ?
でも安倍さんは絶対改憲やりたいはず。
でもこんなに課題があるぞ?
若者にとっては景気を上向きにした安倍さんの支持率は高い。でも彼らは投票に行かない、困ったものだ。etc.
ずーっと聞き耳たてながらおりましたが、着地点はどこだろ〜。

はい、最後にきました!

f:id:miho-tachikawa:20180703225316j:image
このように中央の政治は流動的。
だからこそ地方議会はしっかり頑張って!
と激励いただき講演会は終了でした。

開会前や休憩中には来週視察でお邪魔する自治体の皆さんともご挨拶をすることができました。
(議会技術研究会のお仲間にも)

明日はHOPS、北大公共政策大学院に伺い講義を受けます。地方自治法改正にまつわるお話を聴く予定。午後からは北広島市役所庁舎の見学に。

自治法の話題はちょっと苦手分野なので、また頑張って書いてきまーす。

投票のススメ

こんにちはー。

今朝もすっきり青空が広がっています。
今日は早朝出勤の人がいたため、5時おきのゴジラーです(ホントに5時おきを習慣にしている人のことをゴジラーっていうそうですよ)。

仕事がないときだけ、ゆとりのあるときだけと始めた新社会人のためのお弁当作りですが、いつの間にかほぼ毎日弁当になっていて、古い社会人にもほぼ毎日お弁当があたるようになりました。

f:id:miho-tachikawa:20180626063537j:image

f:id:miho-tachikawa:20180626063338j:image

野菜のおかずの作り置きがあると楽チンなことも覚えました。最近は人参の千切りを甘酸っぱいドレッシングで和えた人参ラペが好みなので(私の)作る頻度も増えました。

f:id:miho-tachikawa:20180626063359j:image

ここは1つ、道具にもこだわってみようかと刃物の町、岐阜県関市の【関孫六】のスライサーを購入しましたが、さすがは関孫六

人間も見事にラペされました。
(私は左手でスマホを扱うので打ち込みするのにとっても不便!)

f:id:miho-tachikawa:20180626063419j:image

さてさて、昨日議会運営委員会があっただけで今週はもう登庁する予定はありません。

モニター会議のまとめや自分の宿題など、ウチ仕事をしながら過ごす予定です。

今日はわが町の町長選と、町議会議員補欠選挙の告示日ですね。

年々投票率が下がり気味ですが、自分たちが住む町を自分はどうしたいかな?の視点で、皆さんの考えに近い候補へぜひ一票を投じてくださいね。
期日前投票も始まりますよ。

平成29年度最後のモニター会議でした

こんにちはー

本当は晴れて欲しい時期なのに重たい雲がべったり張り付いてしまい、夏至の今日も日の長さを実感することなく日が暮れてしまいましたね。

さて、昨夜は平成29年度最後のモニター会議がありました。

芽室町議会のモニターさんの任期が7月から翌年6月まで。
何故なら、4年に一度、議員の改選で議会の構成メンバーが変わったとしても継続した議会の取り組みについて見守っていただけるからなのですが、今年度のモニターさんはまさにその任務をになっていただくことになりますね(^^)

今宵も有意義なひと時を過ごすことが出来ました。議員とテーブルを囲んで話すほうが楽しい。モニターレポートはちょっと荷が重い。

率直なご意見をありがとうございました。

頂いたご意見をこれからの議会活動に活かしていきますね。

f:id:miho-tachikawa:20180621210121j:image

(分かりやすいわーってモニターさんに褒められたグラフィックレコード。ありがとうございます、私は褒められて伸びるタイプです!)

芽室町議会は先日、四年連続議会改革度日本一を頂きましたがその大きな理由の1つがこうした議会モニターさんの存在があるのです。

成年後見講演会に参加しました

こんにちはー。

空は青いけどなんだか肌寒い日が続きますね。今日の午前中はこちらに。

f:id:miho-tachikawa:20180616143853j:image


f:id:miho-tachikawa:20180616143849j:image

今週、来週と成年後見人制度に関する講演会が続きます。
今日はお金の流れを見える化する事で、親亡き後の安心を手に入れましょうという内容の講演会でした。

福祉関係の方や障がいのあるお子さんをお持ちの方など、会場内ほぼ満席になるほど参加される方が多くて、関心の高さを伺うことができました。

ファイナンスの観点から不安材料を取り除く方法は以前もテレビで報道していました。
引きこもりのお子さんを持つ高齢の父親がファイナンシャルプランナーに相談し、月々コレだけの収入を自分で働いて稼げばちゃんと生活出来ますよ、と引きこもりの当人に見せることで、「コレくらいならなんとか働けそう」と次のステップにいけた様子をみて、なるほどなぁと感心したのを思い出しました。

途中、相続や終活の話もいただき、今すぐ出来ること!のうちには【自分が気に入った遺影を撮っておくこと】もありました。
【今日のわたしは明日の私よりも若くて綺麗】だそうですよ、皆さん。
エンディングノートには、指を組んだ時、右手の親指が上に来るか、左手が上に来るかも記入しとくと良いそう。
亡くなった後、いつもと違う組み方をされて違和感を感じないようにですって(関西在住の講師だったのでこんな感じで楽しく拝聴できました)。

今日は成人したお子さんを持つ保護者の方も多数出席されていて、以前議会でも保護者会との意見交換会を持たせて頂いた時に【自分たちが亡くなった後のこと】が何より気がかりと仰っていたことを改めて胸に留めてきました。

私たちは何が起きても、福祉の制度にのっていれば必ず手厚い支援は受けられますが、資産管理の面から必要な対策をとる支援もこれからどんどんニーズが増えそうに感じました。